脂肪の種類

脂肪の種類

脂肪の種類

中性脂肪を改善する第一歩は、中性脂肪と他の脂肪の違いや種類を知ることです。
一般的に「脂肪」と一括りに呼ばれることが多いですが、大きく分けると、中性脂肪・皮下脂肪・内臓脂肪という種類があります。

 

皮下脂肪は女性につきやすく、文字の通り皮膚のすぐ下に溜まる脂肪のことです。
内臓脂肪も文字のごとく、内臓に蓄積される脂肪を指します。
以上の脂肪は外見にも反映しますし、メタボリックシンドロームなどと関係しています。

 

一方の中性脂肪も体に悪いイメージを持たれているかもしれませんが、最低限は必要な脂肪の種類です。
基準値が【30〜149mg/dL】になっていることからも分かる通りです。

 

エネルギーに使われなかった分が中性脂肪として体内に溜まるのですが、万一のときに消費されます。
たとえば、運動などによって消費されていくはずですが、消費されないことに加えて中性脂肪が増えることにぃおり、中性脂肪値が基準値を上回ります。
すると、体に異常をきたし、生活習慣病などの原因になると言われています。

 

適度な中性脂肪は体を守るために必要不可欠なのですが、摂り過ぎて良いことはありません。
他の脂肪と同じように、蓄積し過ぎないように気を付けるようにしてください。