生活習慣病との関係

生活習慣病との関係

生活習慣病との関係

中性脂肪値を下げる、基準値を維持することが生活習慣病対策になると言っても過言ではありません。
ここ数年、生活習慣病という言葉が有名になっています。
これは高血圧や糖尿病など生活習慣が関係した病気の総称です。

 

生活習慣病の原因こそが、中性脂肪にあります。
もちろん、適度な中性脂肪は全ての人に必要不可欠です。万一のエネルギー源になり、体を守る役割があります。
しかし以上に中性脂肪が増えすぎると、比例するように悪玉コレステロールも増殖し、血液状態が悪くなります。
そして動脈硬化を引き起こし、高血圧や糖尿病、ときには脳梗塞や心筋梗塞など生死に関わる病気を発症するリスクもあります。

 

実際に生活習慣病の人は血液がドロドロになっている傾向にあります。
血液の粘度が増す理由は余計な脂質や悪玉コレステロールが多いせいです。
つまり、中性脂肪が増えるほど生活習慣病を発症しやすい体になります。

 

裏を返せば、中性脂肪を減らすことが生活習慣病の対策や改善につながります。
中性脂肪を下げるために適した食生活を送り、適度な運動やサプリメントを活用し、中性脂肪を見直しましょう。