痩せ型=中性脂肪が低いとは限らない

痩せ型=中性脂肪が低いとは限らない

痩せ型=中性脂肪が低いとは限らない

脂肪が多い人を想像すると、肥満体型の人を思い浮かべませんか。
しかし、中性脂肪については痩せ型ならびに標準体型の人でも高いことがあります。
中性脂肪が必ずしも体型に反映されるわけではないのです。もちろん、肥満体型の人は中性脂肪や他の脂肪が高いことが多いとされていますが。

 

体型にあらわれる脂肪は「皮下脂肪」です。
皮下脂肪は皮膚のすぐ下に溜まる脂肪で、お腹まわりや太ももにつきやすいです。
外見ですぐに分かるのが皮下脂肪なのですが、中性脂肪や内臓脂肪は体型にあらわれないこともあります。

 

どちらも体の中に溜まる脂肪であるため、外側から見えにくいことが特徴であり厄介な点です。
そのため「自分は痩せているから問題ない」「標準体重だから中性脂肪が高いはずがない」と思い込んでいる人も少なくないのです。

 

その思い込みで見過ごしてしまうと、症状が進行して知らずのうちに生活習慣病を起こす恐れもあります。
見た目では判断できない脂肪ですから、定期検診を受けて血液検査の結果で中性脂肪値の状態を確認するようにしてください。
高めと診断された場合には早急に対策を始めることを推奨します。

痩せ型=中性脂肪が低いとは限らない関連ページ

脂肪の種類
生活習慣病との関係
中性脂肪を下げるには根気強さが必要