肉より魚を食べよう

肉より魚を食べよう

肉より魚を食べよう

中性脂肪を下げていきたいときには、肉料理よりも断然、魚料理がおすすめです。
お肉の脂身は脂肪になりやすく、体に良くない脂肪です。一方の魚は脂肪酸を含んでいますが、これはDHAやEPAなど不飽和脂肪酸で体に必要とされています。オメガ3系脂肪酸とも言います。

 

魚には種類がありますが、サバやイワシなどの”青魚”にオメガ3脂肪酸が多く含まれている傾向にあります。

 

中性脂肪は肝臓内で合成されますが、オメガ3脂肪酸は直接肝臓にアプローチし、過剰な中性脂肪の合成を抑制してくれます。結果、血液中の中性脂肪が減っていくため、中性脂肪値の改善効果がみられます。

 

現代では肉を好む人の方が多い傾向にあるので、ぜひ魚料理を食べるようにしてみましょう。
ただし、オメガ3脂肪酸は酸化に弱いので注意してください。
十分に補給するには、メインのおかずを魚にしても少し足りないので、不足分はサプリメントを活用して補うことが勧められています。