食事療法の注意点

食事療法の注意点

食事療法の注意点

中性脂肪の上昇対策にも、やや高めと診断された場合も食事療法が必要です。
食生活は生活習慣の基本であり、健康を左右します。
運動と組み合わせる形で食生活を見直すことで、中性脂肪値を改善することは可能です。

 

食生活では、第一に食べる量をコントロールします。
食べる量が多い人は全体的に量を減らすことが重要になります。しかし、慣れるまでが大変です。
そのときに誘惑になるのが、お菓子などの存在です。いわゆる、間食が増えてしまい、結果的に食生活を改善しているつもりが糖質や脂質を摂り過ぎてしまう恐れもあります。

 

スナック菓子などは想像よりもカロリーが高いもので、糖質や脂質も多く含んでいます。
このようなお菓子を間食していては、食事面を改善しても意味がなくなってしまいます。

 

どうしてもお腹が空いたときは、低カロリーのおやつを利用しましょう。
ダイエット向けのゼリーや、こんにゃくを使ったものなど、体に良く低カロリーのおやつを食べるようにしてください。しかし、なるべく間食は避けましょう。

 

1日3食をバランスよく食べて、よく噛むこと・野菜をたくさん食べることで満腹感も得られます。
また、水分補給をしっかり行うことでもお腹がふくらみ、空腹感が紛れます。

食事療法の注意点関連ページ

我慢による反動にご注意を
運動療法の注意点