加齢性の視力低下予防

加齢性の視力低下予防

加齢性の視力低下予防

孫が生まれて毎日が楽しい63歳になる専業主婦です。

 

主人は60歳で定年退職したあと65歳になるまで再雇用で働いていましたが、
今では年金での生活を行っています。
主人が64歳の時に加齢黄斑変性という目の病気になりました。
物が歪んで見えたり一部だけ黒くなって見えなくなる症状が出て、
生活に支障が出てしまいました。
あいにく、65歳の退職間近だったので仕事への影響は殆どありませんでしたが、
加齢黄斑変性になって視力が低下してしまったことを悔やんでいました。
その時に加齢黄斑変性はビタミンやオメガ3脂肪酸が不足することで、
加齢とともに発症してしまう病気だと知りました。
つまり私も同じように病気になる可能性があると言われまして、
お医者さんからは主人の症状回復と合わせて私も予防したほうがいいとのことで、
実際、私も物が歪んで見えたりする症状が全くなかったわけではないので、
ちょっと不安になりました。

 

予防法をお医者さんに聞いたところ、オメガ3脂肪酸という脂肪酸を
摂取することで加齢黄斑変性の予防になると教えてもらいました。
ただ、オメガ3脂肪酸を摂取しなさいと言われてもどうやったらいいのか
分かりませんでしたが、今は質の良いサプリがあるのでそれを勧められました。
サプリは色んな種類があるので高純度にオメガ3脂肪酸を含んだサプリを
選ぶように言われたので、すぐに息子にサプリを探してもらいました。
私はインターネットとかにあまり詳しくないですし、主人もパソコンは
毛嫌いしていたので息子に頼むしかありませんでした。
息子が色々と調べたところ「きなり」というサプリがオメガ3脂肪酸の
DHAとEPAというのがたくさん入っているということを教えてくれました。
どうも青魚に含まれている成分みたいで、目だけじゃなくて体全体に
良い効果があるのでこれにしたほうがいいと息子も言ってくれました。

 

すぐに主人の分と私の分を合わせて定期購入というコースで注文しました。
主人はすでに症状が出ていて点眼での治療もしていましたが、
合わせてサプリで補うことになりました。
「きなり」はサプリだということで老人には飲みにくいのではと心配してましたが、
飲んでみるとそんなことはありませんでした。
きなりを飲み始めて2週間ぐらいすると朝の目覚めがよくなりました。
老人なのでゆっくり寝ていられない生活が続いてましたが、目覚めがすっきりとは
していなかったので気分良く起きれるのは1日が楽しい感じになりましたね。
主人も同じように体の調子が良くなったといってました。
その後も飲み続けて2か月ほどすると主人が良く見えるようになってきたと言い出したんです。
そういえば、私も視界がすっきりしたというか、今までは光を見たらチカチカと
眩しかったのですが、眩しくなく綺麗に見えました。
これは間違いなくきなりに含まれているオメガ3脂肪酸が効いているんだと思い、
お医者さんにも報告しました。

 

主人の症状を精密検査したところ、加齢黄斑変性については改善していました。
私も念のために調べてもらったところ、加齢黄斑変性の症状は出ていませんでした。
この調子でサプリを飲み続けてくださいと言われました。
歳をとれば体のどこかが調子悪くなるのは仕方のないことだと思っていましたが、
加齢黄斑変性みたいにきなりを飲むことで改善したり予防したりできることを知って、
本当に良かったと思ってます。
加齢黄斑変性以外でもこれから先、体の不調が出てきたりすると思うので
そういったことも予防していこうと思いました。
歳をとったから仕方がないと諦めるのではなく、前向きに健康になれるように
これからも夫婦それと家族全員で頑張っていくつもりです。
きなりに出会えて本当に良かったです。