オメガ3脂肪酸の働き

オメガ3脂肪酸の働き

オメガ3脂肪酸の働き

体に必要な栄養素は色々とあります。
炭水化物、タンパク質、ビタミン、ミネラル・・・・・
同じように、脂肪も生命活動には欠かせない栄養素です。

 

脂肪と言っても、種類があります。
ひとつは、硬い性質の飽和脂肪酸です。
これは血管の壁に付着し、流れにくいために動脈硬化の原因にもなるちょっと危険な脂肪酸です。
対して、不飽和脂肪酸という脂肪は、流動性に優れていて、細胞の調整を行い、動脈硬化の予防に働きます。

 

このサイトで取り上げているオメガ3脂肪酸は、不飽和脂肪酸に分類されます。
オメガ3脂肪酸は、さらに『DHA(ドコサヘキサエン酸)・EPA(エイコサペンタエン酸)・DPA(ドコサペンタエン酸)』などに分けられます。
DHAやEPAなどを主成分として成り立っているのが、オメガ3脂肪酸なのです。

 

オメガ3脂肪酸のサプリが続々登場していますが、ほとんどが青魚(アジ、サンマなど)から抽出される魚油を原料としています。また、植物油(オキアミ、亜麻仁油から抽出)を使用しているものもあります。

 

いずれにせよ、オメガ3脂肪酸は、血液をサラサラにする効果に優れています。
動脈硬化や心臓発作などを予防し、血液中に流れるコレステロールや中性脂肪の低下作用もあります。
その他、血管の傷を修復したり、脳や神経組織の機能維持といった、健康に欠かせない働きを行っています。
このような働きから、オメガ3脂肪酸には生活習慣病の予防効果があると考えられています。

 

オメガ3脂肪酸サプリメントの人気ランキング!