オメガ3脂肪酸の血液サラサラ効果

オメガ3脂肪酸の血液サラサラ効果

オメガ3脂肪酸の血液サラサラ効果

DHAやEPAなどのオメガ3脂肪酸の効能と言ったら、何が一番に思いつくでしょうか?
代表的な効能と言ったら『血液サラサラ効果』ですね。
有名な話で健康成分と呼ばれるほか、血液サラサラ成分と呼ばれることもあります。

 

特にEPAが血液に関係しいますがDHAも含めて、血液をサラサラにする効果があります。
どちらも血液を固まりにくくし、なおかつ悪玉コレステロールや中性脂肪など血液をドロドロにする要素を減らす働きがあるため、血のめぐりがスムーズになります。

 

具体的に言うと、DHAの方は細胞膜に吸収されることで細胞壁の流動性が良くなることで脳細胞と共に血管細胞がしなやかになるため、赤血球が柔軟になります。
すると、血管内を流れる血液もサラサラに。
そして、加齢と共に老化した血管壁には、コレステロールや中性脂肪が沈着して硬くなる傾向にあります。
こうして動脈硬化が起こるのですが、これが進行すると血管が詰まり、血液の流れが悪くなります。DHAはココにも働きかけて、コレステロール値自体の上昇を抑えるため、動脈硬化を予防する面からも血液サラサラ効果を発揮します。

 

一方のEPAは血液の粘度を減らす効果があります。
また、血管内での血小板が固まるのを防ぐ働きや中性脂肪値の低減に役立ち、血液をサラサラにしてくれます。
この働きから、心臓疾患や循環系疾患のリスクも軽減することが出来ます。

 

そもそも、血液がサラサラで流れが良い状態を保つことで、体は健康状態を維持出来ます。そして今問題の生活習慣病も予防出来ます。
つまり、DHAやEPAの血液サラサラ効果により、動脈硬化をはじめ、高脂血症心筋梗塞、脳卒中など命に関わる重篤な病気の予防にもつながります。

 

オメガ3脂肪酸サプリメントの人気ランキング!